ED治療にはレビトラ
  • HOME
  •   > 
  • 混合性EDと薬剤性ED

混合性EDと薬剤性ED

棍棒性EDと薬剤性ED

男性にとっては堪え難い苦痛であるEDは、年齢に関係なく発症すると言われているペニスにおこる特有の症状になります。
原因やその引き金になっていることを以下に紹介していきます。
ペニスが勃たなくなる理由としては、心や身体に起こることが影響してしまい、ペニスの血管が拡がらなくなるので海綿体に血液を溜め込むことが出来なくなるので勃起状態を起こすことが出来なくなってしまいます。
簡単に言うと「血液の流入量の不足」になります。

心と身体の影響というのは、心の場合には、ストレス、不安や緊張、夫婦関係が上手くいかないなどの現実的に起こっている事が精神的に負担となったり、若い頃にセックスで失敗したことがあり苦い思い出となっている場合や、性的なことでからかわれたトラウマ、自分のペニスの大きさに抱えるコンプレックス、などの過去の事が引き金になっていることもあります。

身体の場合には、事故に遭い血管や神経に損傷を受けてしまっていたり、病気(動脈硬化や糖尿病など)による影響だったり、男性ホルモンの不足などがあり、中高年層の男性に多いと言われています。
また、これらのどちらか一方が引き金になる人もいれば両方を引き金としてしまう男性もいます。
これを混合性EDといって、心のケアと身体の治療を同時に行わなければならないので治療には多くの時間を費やす事になります。

他にもあまり知られていないタイプで薬剤性EDというのもあります。
薬剤性EDは特定の作用を持つお薬を何らかの理由で服用する事により、その副作用が原因となりEDを引き起こしてしまいます。

主なお薬としては抗うつ剤、抗精神病薬、降圧利尿薬などの特定の病気の治療に用いている薬の服用によって副作用の影響でEDを起こすと言われています。

国内の男性にとってもう1つのコンプレックスとなっている薄毛の治療薬である「プロペシア」も低い確率ですが副作用からEDを起こすこともあります。
男性の日常生活に取り巻く様々なことがきっかけとなって勃起状態を起こすことができなくなってしまいます。

いろんな錠剤

しかも、この病気はただ勃たないだけでなく、「性的に欲求がある」にも関わらず勃起状態を起こせないので頭とからだが伴ってくれないので多くの男性は苦痛と感じてしまいます。
また、SEX中に勃起状態が解消されペニスが萎えてしまう「中折れ」もEDの症状に含まれています。

EDを治すには薬が必要で治せる病気です。
なので諦めてはいけません。
ただし、原因が分からなければ他にも適切な治療方法があるので、治療の第一歩は病院にいき医師に診断してもらう事になります。

▲ページトップに戻る