ED治療にはレビトラ
  • HOME
  •   > 
  • ED治療で得る自信

ED治療で得る自信

ED治療薬の歴史

男性にとってEDというのはとても深刻な悩みです。
女性との交際や、夫婦関係にも影響してくる問題ですし、男性としての自信も失ってしまいます。

そこで有効的な治療薬で、EDを治療していくという事が大切になってくるのですが、EDを単にセックスができないだけと侮ってはいけません。
EDは男性個人の問題ではなく、結婚していれば夫婦間の問題で、交際相手がいれば恋人同士間の問題としてしっかり治療をする必要があります。

EDの有効的な治療薬にレビトラという薬があります。
この薬は医療先進国であるドイツで開発された治療薬で、現在では日本でも認可されて病院でも取り扱われるようになりました。

レビトラの有効成分はバルデナフィルで、陰茎の勃起を制止するホスホジエストラーゼタイプ5という酵素を阻害する効果があります。

これにより、勃起しにくくなっていたペニスを正常に勃起現象が起きるようにと導いてくれるのです。
服用したからと言って性欲が増すという事はなく、服用後に性的刺激を受けた時に効果を発揮します。
ですからもともと性的興奮は覚えるものの、勃起に繋がらないという症状の人に最適な治療薬といえるでしょう。

ちなみに他のED治療薬では興奮を覚えすぎてしまう(お薬の作用が体に適応していない)ときがあるので、女性との折り合いがつかなくなってしまうというときもあります。
しかしレビトラなら通常の精神状態での性行為が可能ですので、女性に負担をかけたり、女性との関係を壊してしまうという心配はありません。

ED治療で得る自信2

また水に溶けやすく、服用から効果が現れるまでの時間が短いという特徴もあります。
平均で服用後45分ほどで効果が現れますので、性行為に及ぶ一時間前に服用しておけば効果を得ることができるのです。

また効果の持続時間は5~6時間で半減し、その後少しずつ緩やかに下降していき、12時間後には効果が消失していきます。
効果は最低でも6時間程度は持続するので、いつ性行為が始まるかわからないというときでも心配はいりません。

しかし特徴でもある食事やアルコールの影響を受けにくいという点は、あくまで他のED治療薬に比べてであって、まったく食事やアルコールの影響を受けないわけではないので、服用する際の注意点などは必ず理解して服用することが大切です。

ED治療で得る自信3

レビトラの入手方法は病院で処方されるほか、個人輸入でも入手が可能です。
EDという病気では、病院にかかるのに抵抗がある人もいます。
そんな時診察を受ける必要もなく、処方箋もなしでレビトラを入手できる個人輸入はとても便利です。

プライバシーを保護しつつ、EDの治療に取り組みたいという人は、個人輸入を検討してみるのもいいでしょう。
男性としての自信を取り戻すために、そして女性関係を充実させるために、レビトラをうまく活用していきましょう。

▲ページトップに戻る