ED治療にはレビトラ
  • HOME
  •   > 
  • 器質性ED

器質性ED

器質性ED

体の悩みというのは人それぞれ違いがありますが、男性の場合は特にED、いわゆる勃起不全の悩みを抱えて入る人は少なくありません。

その原因はさまざまで、それによって改善方法も変わってきます。
いずれにせよ、どんな病気でも早期発見し早く解決することが大切です。

EDの原因に、まずは年齢的な衰えが挙げられます。
体の機能は年齢とともに衰えてきますので、性機能が衰えてくることは特に珍しいことではありません。
自然なもののひとつであるといえるでしょう。
そして年配の方の場合は、加齢とともにさまざまな生活習慣病が出やすくなり、糖尿病や高血圧などの場合は欠陥を傷めてしまったり、血流を悪くしてしまいますので、勃起に十分な血流が得られないこともあります。

そしてすでに疾患治療のために、薬を飲まれている方の場合は、その薬が勃起を阻害してしまっている可能性もありますので、薬を飲み始めてから不調が出ているようであれば主治医に相談してみると良いでしょう。

最近では若い世代でもこうした症状で悩まれている方は少なくありませんが、それが精神的なストレスが原因となっていることもあります。
また過労などで体の機能が衰えている場合や生活や食事が乱れてしまっていると、それがもとで性機能に問題が出てしまう可能性もあります。

それから性体験があまり多くない人の場合は時には失敗してしまうこともあり、そのときの精神的なショックを引きずることも少なくありません。
さらにスポーツや交通事故などで怪我をされた経験のある方は、神経に障害が出てしまうこともあり、そういった原因で勃起が十分に行えない場合もあります。

器質性ED

こういった病気やケガが原因で勃起現象が起きなくなることを器質性のEDといいます。
EDの人の割合でいえば15%以下で多くないように感じますが、2番目に多いタイプです。

その他では、肥満が原因で男性ホルモンの低下が見られたり、また血管を傷めてしまうリスクが高まりますので、動脈硬化などでEDが起こりやすいともいえます。
そしてひとつの原因だけではなく、さまざまな要素が重なってEDの症状が起きてしまう場合もあります。

特にこれといった原因がなくてもなぜかEDの状態が続いてしまう可能性もあり、改善にはそれぞれに合った方法を選ぶ必要があります。

これまでは、こうした症状は治療でも改善は難しいとされていましたが、現代では医学の進歩もあり薬をはじめ、良い治療方法は様々なものが出ていますので、ケガや病気を治療してもEDが改善されない場合などは、こうした医薬品を用いた治療法を試してみることをおおすすめしています。

一人で悩んでいては日常生活のリスクから抜け出せないので、まずは第一歩を踏み出してみましょう。

▲ページトップに戻る